2、身近な頼れる存在 看護師

看護師の仕事は誰にでもできることではなく、人のために病気と闘う人のために、医師のサポート役としてもいなくてはならない存在です。
実際看護師の仕事は体力的に厳しい職場でもあるでしょう。勤務時間が不規則で、長くなってしまったり、人手不足で休みが取れなかったりと、体が休めないこともあります。どんな医療機関で働くかによって違いはありますが、人の命を預かる仕事である以上、精神的にもきつい面もあるはずです。
もし、看護師が足りなくなってしまったら、一体どうすればいいのでしょう。

看護師の場合どのような雇用形態があるかといえば、正職員、非常勤職員、契約社員、パート等があります。転職をすると考えたら、情報を収集し、自分がどのような雇用で働きたいかを考えましょう。
働ける医療機関はたくさんあるでしょう。看護師の需要は多いはずです。また割合として女性がとても多いのが看護師です。もちろん男性の看護師もいます。女性は一生の仕事として資格をとれば大いに活躍できます。その為結婚して主婦として母として働きながら看護師もこなすという人もいます。やはりこれはかなりの激務といえるでしょう。

正職員であれば、安定した収入があり、社会保険もあります。こういった点が、正職員のメリットでしょう。契約職員にもこういったメリットはありますが、契約というだけあって期限があります。自分がどのように雇われたいかという具体的な希望もあった方がいいと思います。一度看護師という職場からはなれても、また職場に復帰できるのが看護師のすばらしいところです。ですから看護師の求人も医師と同じく常にあります。

自分にあった職場を見つけるには、少しでも多くの情報を集めることが大切です。自分の条件を整理し、それを元に勤務先、勤務体系、自分にあった情報を収集しましょう。働いている仲間に聞くのもいいでしょう。実際、働いている人の意見が何よりです。より良い職場を見つけられる様、たくさんの情報を集めましょう。

このように雇用形態は様々です。きちんと正しい情報を集めることが、より良い雇用条件で転職先を見つけることができるでしょう。どんな条件でも必要としてくれる医療機関があります。正職員として働けない状況になったとしてもあきらめずに転職先を探してください。あなたの力を必要としてくれる場が見つかることと思います。自分に無理なく働きたいという意思は間違っていません。

いかに看護師が心身ともに健康な状態で仕事に従事できるかということが医療機関の最大の課題なのです。病院勤務の場合、看護師も配置される科によって仕事のない様はだいぶ違ってくるでしょう。医師やスタッフが十分に足りている科であれば、問題ないかもしれません。事務員、スタッフによっても職場の環境は大きく変わってくることでしょう。

看護師は働く場によっては、勤務が厳しく体力勝負の様なときもあります。勤務時間は不規則だし、人数が足りなければシフトがつまってくる…そういった条件に体が持たず、看護師が現場を離れていってしまう、そして残された看護師はさらに忙しくなるなんて悪循環もみられる様です。また、女性の看護師は結婚や出産で一時辞めてしまうケースがあります。他の仕事でも同じですが、逆に看護師は資格があるため看護師に復帰することもできるのです。看護師の求人をみて主婦などはパートタイムの求人を探すこともできます。

看護師も意外と転職を希望する人もいる様で、看護士の転職サイトも数多くある様です。やはり体力的にきつかったり、希望の勤務体系でなかったりと様々な理由なのでしょうか。

看護師の場合、転職することを決めたら、速やかに職場に報告しましょう。
引き継ぎ業務等もあるでしょうから、他のスタッフの迷惑にならない様、充分な時間をとってください。社会の常識から外れない様なマナーを忘れない様にしましょう。

職場を辞めて転職したいのはなぜですか。転職したあとの希望はなんですか。よく考えてください。
転職したら、新たな職場で心新たにまた頑張りましょう。

注目サイト

たまプラーザ 美容院
NOSSAのサイト

2017/6/12 更新

Copyright (C) 2008 医師、看護師の求人. All Rights Reserved.