5、看護師の雇用形態

看護師においても転職を考えたら、情報を収集しましょう。看護師はとても重要な仕事で資格があることはとても強みになります。求人も多く働ける医療機関はたくさんあるでしょうから、より多くの情報を集め、勤務先、勤務体系、自分にあったより良い職場を見つけられる様、たくさんの情報を集めましょう。既に働いている看護師仲間に聞くのもいいでしょう。実際、働いている人の意見が何よりですから。体力的に厳しい職場でもあるので、きちんと正しい情報を集めることが、より良い転職先を見つけることに繋がるかと思います。看護師は基本的に夜間勤務があります。生活が不規則なりますし、家庭がある看護師にとってはとても厳しい職場になるでしょうが、それは職場によっては夜間勤務がないところもあります。自分自身の希望する雇用形態をしっかり念頭において求人情報をみつけることが大切です、

看護師正式の職員の場合、もっとも大きなメリットはきちんとした収入が約束されていることです。場合によってはボーナスもあります。社会保険もあります。看護師の収入は平均的にとても高く待遇がよいとされています。その分の労働や知識は必要になりますから当然といえば当然ですね。

契約社員の場合は雇用の期間が限られていますが、正社員と同様、ボーナスや社会保険があります。契約でも看護師には変わりありません。同じ内容の仕事をしますので、同じ待遇ももちろんですが、責任も伴います。

まれに非常勤の職員も求人があります。個人の都合で夜勤ができないといった希望のある人がそれに値します。やはり雇い主としては条件を出されているのですから、その点において条件をのみこむ変わりにお給料を正職員や契約社員より引く設定にしている場合がほとんどです。

金銭的なことよりも優先したいことがある人にとって都合の良い雇用形態です。その非常勤よりももっと働くことに際して条件を出したい場合はパートとして雇ってもらうことになります。
このように看護師の雇用形態は様々です。でも、どんな条件でも必要としてくれる医療機関があるかもしれません。看護師ならきっとあるでしょう。求人はとても多いはずです。

例え、正職員として働けなくなってしまっても、様々な条件で募集はあります。あきらめないでください。あなたの力を必要としてくれる場があるかもしれないことを決して忘れないでください。あなたの人のために働きたいという意欲はけっして無くさないでください。

Valuable information

加藤行俊のインタビュー
http://jonetu-ceo.com/2015/03/24171/
アンケート集計を依頼するなら
http://www.6-bleu.com/questionnaire/

Last update:2017/2/17

Copyright (C) 2008 医師、看護師の求人. All Rights Reserved.